碧のご紹介

碧のご紹介

あるお客様が初めて“碧”のTシャツを購入されました。出来上ったそれを着てご友人と食事に行かれました。その席でご友人が「いいなぁ、そのTシャツ」と言ってくれましたよ。とても嬉しいお言葉をもらいました。

またあるお客様が大切な方へのプレゼントにと“碧”の服を注文されました。プレゼントをもらったその方はとっても喜んでおられましたよ。また嬉しいお言葉をもらいました。

またあるお客様は自分のお気に入りの柄を選ばれました。出来上ったそれを着て大好きな人とデートに行かれました。その時彼氏に「いいなぁ それ!!」と言われて幸せでしたよ。またとても嬉しいお言葉をもらいました。

1つの柄を考えてデザインし、何度も何度も布に試作を繰り返します。そして「これだ!!」と思ったそのひと柄を描いていくのです。お客様の笑顔を作る為に、又、まだ顔も知らないその方の笑顔を作る為にと思う、作家・碧三の魂が、碧三の右手からそして筆へと伝わり最高の作品が出来上ります。そんなひとつひとつの大変な工程も、お客様の喜びの声と共に嬉しさと感謝の心に変わります。

これからも沢山の人に碧三の職人技を伝えてゆきたい… もっともっとの精神で!!それが“碧”です。

作家・碧山(はくさん)のご紹介

18才で染色作家・斉藤才三郎(さいとうさいざぶろう)氏のもとに弟子入りし、師事を受け1979年に独立、アトリエを持つ。1968年、百選会入選。

『美しいキモノ(婦人画報社)』に多数出品作あり。

創作着物、暖簾などの展示会開催。

この道50年以上の「ぬれ描き友禅作家・碧三」が、和装だけでなく、Tシャツやアロハシャツなど洋装にも取り組みました。一品一品手描きをするその作品は、本物の職人技です。

作家・碧山のご紹介